TOP >> 膝に水が溜まる方へ

 膝に水が溜まる方へ
膝痛を患っている方は、膝に水が溜まるという症状を経験されたことがあるかもしれません。

或いはそのような話を聞いたことがあると思います。

そのままの状態にしていると、膝の違和感や圧迫感が感じられ、患部が熱を持ち腫れて痛みも出てきます。

一般には、膝に水が溜まると病院へ行き、注射で抜いてもらうという処置を行います。

膝に水がたまるのは、膝に炎症が起き、膝の関節内に関節液が多く作られた為に起こります。

関節液はもともと、膝がギシギシならないようにスムーズに動くよう作り出される液体なのですが、 炎症が起きてしまった結果、関節液が正常な範囲を超えて大量に作りだされてしまうのです。

確かに病院で水を抜いてもらうと、一旦らくになります。

ですが、「また水が溜まってしまった・・・」と、何度も足を運び、繰り返されることが多いようです。

それは水を抜いても膝の炎症を解決できていないためです。

膝の炎症には、変形性膝関節症・慢性関節リウマチ・半月板損傷など様々ですが、
大切なのはこの炎症の引き金となった真の原因を解消することにあります。

均整術ではどんな疾患の方でも必ず体全体がゆがんでいると考えます。

どんな症状でも一番基本となるのは、体のゆがみを正すことなのです。

ゆがみを正す基本プログラムを行ないながら、同時に膝に効果的なプログラムを続けていくことで
膝の炎症は改善、解消されていきます。


左右同じ場所に起こることが特徴のリウマチも、自己免疫の疾患で難病となっておりますが、 均整術では腎臓系の病として考えられていますので、腎臓系の刺激を行っていきますと つらい症状が軽減されていきます。

変形性膝関節症や、半月板損傷にも同様のことが言えます。

またこのプログラムでは、自分で自宅で膝の水を抜く方法も紹介しています。

自然の力で、自分で、膝の痛みを解消していくことができるのです。
あきらめてしまうことはありません。


トップページへ戻る