TOP >> 特発性大腿骨頭壊死症

 特発性大腿骨頭壊死症
これは膝関節を構成している大腿骨の先端部分(大腿骨頭)の一部が壊死する病気です。
何らかの原因により血が通わなくなり血流障害が起こり骨が壊死していきます。

変形性膝関節症のように長い年月をかけて発症するのではなく、突然発症するため特発性大腿骨壊死症と呼ばれます。

壊死が発生した段階では自覚症状はなく、壊死が進行し範囲が広くなるとその部分が潰れ変形し痛みが出てきます。

症状を訴える箇所は急な股関節の痛みが多く、膝の痛み、腰の痛み、お尻の痛みなどが挙げられます。

特発性大腿骨頭壊死症は大量のステロイド薬を継続して使うと起こりやすいことが知られています。またアルコールの飲み過ぎも原因として考えられていますが、はっきりとしたことはわかっていません。遺伝の可能性なども解明されていません。

初期にはエックス線の画像ではわかりにくく、MRIでの検査で判明することができます。

治療法は痛みを抑えるために薬を使用したり、装具を活用することがあります。
それでも痛みが改善されず壊死の進行も確認される場合には、大腿骨内反骨切り術や大腿骨頭回転骨切り術、人工関節に置き換える手術などが行われます。

この血が通わなくなることが原因の特発性大腿骨頭壊死症。
比較的壊死部分が小さい初期には、膝周りの血流が良くなることで自然に痛みが改善していくこともあります。

この膝の痛み解消プログラムは、体全体のゆがみ、膝周辺のこわばりなどが改善されることで血流も良くなります。

ですので日頃からプログラムを取り入れることで、特発性大腿骨頭壊死症などの膝の病気も予防していくことができます。

参考にされてください。


膝の痛みに役立つ情報へ戻る