TOP >> 変形性膝関節症

 変形性膝関節症
変形性膝関節症は、一般的には膝関節の軟骨が老化により水分や弾力が減少し、 摩耗することで起こるとされています。
怪我などによる明らかな原因である以外は、はっきりとした原因はわからず老化のためと 診断されることが大半をしめています。

変形性膝関節症の症状では、階段を降りるときに膝が痛い、立ち上がる時に膝が痛む、歩きはじめがつらい、 正座ができない、水がたまるなどがあります。

治療の基本は膝の痛みをとることになるので、ヒアルロン酸の注射などや痛み止めの服用などによって 対処されます。

これは軟骨の代謝が良くなる、滑りがよくなり膝関節の動きが滑らかになることなどを目的としていますが、 こうした注射を何度繰り返しても改善されないことがあります。

痛みが引かない場合や重症になってくると、手術をすすめられますが、手術の前に何か膝を治す方法はないかと 膝の痛み解消プログラムに辿りつき相談してくる方は後を絶ちません。

確かに、手術でよくなるのか不安ですし、膝に人工関節を入れることも試すという簡単なことではありません。
手術は最終手段と考え、プログラムを一度試してみたい、という思いで始められてみたようです。

三起均整では、膝の痛みは老化が原因とは伝えていません。

一番の原因は体のゆがみなのです。その結果として膝やその他の箇所に負担がかかり、たまたま膝の痛みとして 表れているのです。

変形性膝関節症は膝周辺の筋膜が緊張しています。
この筋膜をはがす方法を行うことで痛みは良くなってきます。
また、膝が悪い方は、背中がとても緊張していることが多いということもわかっています。

三起均整ではこうした背中の緊張をとり、膝周辺の筋膜の緊張をとるような方法を簡単に行えるようにしています。ポイントは痛い部分の裏側の緊張がとれると良くなります。

膝ばかりに気をとられないということが大変重要ことです。

また、変形性膝関節症の方から歩き方について聞かれることがありますが、歩き方は自分が楽な歩き方で良いのです。あまり意識するとかえって疲れ、力が入り歪みの原因になったりもします。

治療も自然な方法が体には一番良いと思います。

膝の痛みに役立つ情報へ戻る