TOP >> 膝周りの筋肉トレーニング

 膝周りの筋肉トレーニング

痛みがある時の筋トレはNG

膝が悪い方で、膝周りにしっかりと筋肉をつけることで痛みが治ると思い込み、無理な筋肉トレーニングをされる方がよくいます。

病院でも運動療法で筋肉を付ける運動をするようにと言われ、毎日続けられているけれどなかなか膝の痛みが治らないのだそうです。

「膝の痛みが治らないのは、筋肉がないから。」
「筋トレをして鍛えましょう。」

という考えはそもそも正しいのでしょうか?

実は、膝の治りが悪い方は、膝周りの筋膜が硬く、また体全体も硬く緊張しています。
背中を反らすこともできないほど、背中も硬くなっている状態が見受けられるのです。

筋肉や筋膜は鍛えすぎると硬くなり、リンパの流れも悪くなるため治りが遅くなります。体の他の箇所にさらに悪影響を与えることもあります。


膝が痛いので上半身の筋トレを行ってみたら…

それならせめて腹筋や背筋だけでも鍛えようと上半身の筋トレを繰り返していた方の例ですが、残念ながら膝の痛みが全く改善されていませんでした。

膝には一見全く関係ないので、患部には負担がかからないだろうと考えたのでしょう。少しでも体を鍛えたかったようです。何かスポーツを行っている人や、早く膝の痛みを治したいと考える人にはよくあることです。しかし、これが余計に治りを送らせていたのです。

実は上半身を鍛えすぎたため、上半身の筋肉が緊張し、膝周りの筋肉まで引っ張っる状態になっていて、その結果、膝周りまで硬く緊張してしまっていました。

痛みのない上半身の筋トレしか行っていなかったのですが、膝に影響を及ぼしていたのです。 これは“体全体は繋がっているため”です。

膝が痛くて悩んでいる方、大切なのは、鍛えることではなく緩めることです。

鍛えるのは、膝の痛みが解消されてからです。あるいは膝の痛みの予防として、日頃から適度な運動をし筋肉をつけておきましょう。とくに太ももの筋肉は大切です。

筋肉トレーニングとは筋肉に強い負荷をかけ筋線維にダメージを与え、それが修復されるときにより筋線維が太くなることを目的としています。

ですので、膝に痛みがあるような場合は、すでに筋肉がSOSを出しているサインであり、この状態で無理をして筋トレを行うことは余計に膝を悪化させてしまうことになります。

膝だけでなく、体全体を緩めることで筋膜間のリンパの流れが良くなりより早い回復が期待できます。



膝の痛みに役立つ情報へ戻る