TOP >> ランニング時の膝の痛み

 ランニング時の膝の痛み
健康な身体づくりのために、ランニングやウォーキングをされる方が多くなってきました。

無理な走りは膝にも負担がかかります。距離や時間はご自身にあった範囲で行うことは最低限必要です。
また、ランニングなどをされる前や後には、準備運動、整理運動を行うことをお勧めします。

その1つに膝の痛み解消プログラムは大変効果的です。
走りだす前の筋肉への適度な刺激にもなります。
またとくにランニング後に行うことで 走っている間に生じた膝への負担、ゆがみの解消、筋肉を緩めてくれる、不具合の調整を行うことができる、などの効果があります。

またマラソンが趣味の方などから、膝に故障を抱え相談されることが多くあります。

ランニングで着地の時は体重の2〜3倍の衝撃が全身に加わります。関節や筋肉への負荷は相当なものです。
体が歪んでバランスが悪かったり、筋肉が硬い状態でランニングを続ければ、膝への負担もさらに大きくなり、膝が痛くなります。

日頃から、体正しい姿勢で立つこと、猫背などに気をつけ、体の柔軟性を保つことが大切です。
ランニングで膝が痛いという方の多くは、体が歪んでいます。
また走る時は足を骨盤から動かすようにしましょう。

走ることも継続することで持久力がつき効果があるのと同様に、何事も続けることが大切です。
少しずつ歪んでしまったことでかかる膝への負担も、プログラムを継続的に続けることで解消されてきます。

続けるということは人によってはとても難しいことかもしれません。
膝が不安なく走れたり、歩けるようになることを望んでいるのなら、諦めないでください。
ひとつの健康法としてぜひ試してみていただければと思います。


膝の痛みに役立つ情報へ戻る