TOP >> 膝サポーターの注意点

 膝サポーターの注意点
膝に痛みがある時に、膝にサポーターを装着することがあります。

病院で指導されることもありますが、サポーターをつけるメリットは膝の痛みが軽くなる、膝の安定感が増し、膝が痛まずに歩けるなどです。

膝が痛い方にとっては頼りになるものですが、注意したい点(デメリット)もあります。

それは、サポーターによって支えられているのでどうしても筋肉が落ちてしまう点です。

筋肉の代わりに膝関節を支えるため、膝関節を支える太ももの筋肉が弱っている人などに使用されることが多いですが、それに頼りすぎてしまうことになります。

また血流も悪くなってしまうので、治癒力も低下します。

サポーターでは膝の痛みは治らないので、いつでも装着するのではなく、一時的な使用にとどめることが正しい使い方です。

膝用のサポーターは、材質が柔らかいものや、硬めのもの、伸縮性のあるもの、サイズなど種類も様々です。

薬局などで簡単に購入できるものもありますが、実際に使用する場合は整形外科の医師に処方してもらうと良いでしょう。

膝の痛みに役立つ情報へ戻る