TOP >> テーピングと膝痛

 テーピングと膝痛
スポーツ選手などが怪我をしたときに、応急処置のためにテーピングを行うことがあります。
また怪我の治療や予防のために、関節や筋肉、靭帯などにテープを巻くことがあります。

こうしたテーピングによる治療は膝の痛みにも効果があります。
それは、痛みの軽減にもなるのでそれ以上悪化しないように日常的に行われています。
よく陸上選手や体操選手など、膝や足首、指などにテープをグルグル巻いているのを見かけると思います。

すでに痛みが出ている箇所にも、今後痛みが酷くならないようにも、どちらにも対応できるのです。 膝の固定ができると、安定したバランスも保てるようになります。

ただし効果が期待できるのも、巻き方によります。
膝の痛みでは靭帯、関節など膝の構造に合わせ、テーピングをほどこさなければ効果がないのです。 逆に貼り方によっては関節を痛めてしまうこともあります。
テーピングが緩んでいたら意味をなさないので、貼り直す必要もあります。

病院ではこうしたテーピングの正しいやり方も医師が指導を行ってくれますので、一度しっかり教えてもらうと良いかもしれません。 十分に覚えたあとは、自分でテーピングを膝に行うことも難しくはありません。

膝の痛みに役立つ情報へ戻る